環境
環境

ISO14001取得状況

タマパック株式会社は、「環境方針」に宣言しているように、地球環境の保全が経営の最高課題のひとつであると認識し、環境管理活動を推進しています。
ISO14001(環境マネジメントシステム)の導入、事業活動によるあらゆる環境負荷の低減活動を進めています。

登録範囲

タマパック(株) 本社・昭島事業部 平成17年 ISO14001認証
タマパック(株) 山形工場 平成19年 ISO14001認証
タマパック(株) 甲府工場 平成20年 ISO14001認証

環境方針

環境方針
経営理念

タマパック株式会社は、より良い包装のあり方を求めて創造しつづけるとともに、包装を通じて社会の発展に、貢献します。
当社は、地球環境保護の重要性を認識し、社員一人一人が段ボール製品の製造をはじめ、印刷紙器、緩衝材等包装資材の開発設計、組立加工、及び仕入販売の事業活動において、社会的責任・利益向上・社員の福祉向上と環境活動を経営の最高課題のひとつとして推進いたします。

基本方針
  1. タマパック株式会社は、全事業活動が環境に与える影響を的確に捉え、適切な環境保全活動を行い、環境マネジメントシステムの継続的な改善を通して、技術的・経済的に可能な範囲で環境保全と汚染の予防に努めます。
  2. 環境に関する法規制や、同意するその他の要求事項を遵守することにより、地域社会との共生に努めます。
  3. 本方針を遂行するため、環境目的及び環境目標を定め、その実現を図るとともに、定期的及び必要に応じて見直しを行います。
  4. 環境保全に対する意識・活動の向上を図るため、全社員に対して環境教育を推進します。
  5. 次の項目を重点項目として取り上げ、達成計画を策定し改善に努めます。
    ※省エネ・省資源
    ※廃棄物の排出削減(リサイクル化の推進)
    ※環境に配慮した製品設計の推進
    ※環境負荷物質の適正な維持管理
    ※環境美化
  6. この環境方針は、社内外からの要求に応じて公開します。
2009年10月1日
タマパック株式会社
取締役社長 山田 和夫
登録証付属書
登録証
▲ページトップへ